|  | 0

孤立しない方策、情報開示は重要

総会で何を定義しても正直なとこ必ず反対意見の居住者はいるものです。特に大規模修繕などの場合はその傾向は強まります。

なぜか・・・・・・・・

兎も角対立が好きな人
工事計画立案から決定までの情報が少なすぎるから勝手に何やってるんだといった感覚
皆で貯めた大切なお金の使い道です。
工事計画からこれからの道筋、方針、具体的な計画、業者内定等々の過程や中間報告情報を広めることで周知も拡がり理解も得られやすくなります
例:広報誌の定期的な発行
説明会→工事計画方針説明会、中間報告説明会、工事説明会等
結局兎も角は居住者間のコミュニティが大切ということです。

説明会のタイミング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA